東北学院榴ケ岡高等学校

校長挨拶

榴ケ岡高校で学びましょう


東北学院榴ケ岡高等学校
校長 河本 和文

東北学院は、今年で創立135周年を迎える歴史と伝統のあるキリスト教主義の学校であり、「建学の精神」を象徴するスクールモットーは、イエス・キリストの「命(いのち)」・「光(ひかり)」・「愛(あい)」を指す「LIFE LIGHT LOVE」です。

本校は、この建学の精神の基に設立された創立63年目を迎える高等学校です。2019年4月より、3つのコース(特別進学コース、TG選抜コース、総合進学コース)を設置し、皆さん一人ひとりの目標にあったコースで3年間学び、大学進学の実現、大学での学びの探求、そして社会で活躍できる人材となる生徒を育てます。

長い人生において、高校生活は社会に参加していくための最も大切な準備期間となります。高校での様々な活動を通してどのような素養を身に付けるかが、皆さんの今後の豊かな生活に大きな影響を与えます。本校は、これからの変化の激しい社会の中で、力強く生き抜く力となる「自学自律」を教育方針として、探究心、グローバル的な思考力、奉仕の精神を学び、志を高めていきます。中学生の皆さんの入学を心より歓迎します。