東北学院榴ケ岡高等学校

課外活動

榴ケ岡高校 博物館見学会

榴ケ岡高校では、2006年度から毎年希望者を募って博物館見学会を行っています。当初は榴生だけに参加を呼び掛けていましたが、保護者も募集するようになり、現在は広く一般の方々にもHPを通じて呼び掛けています。

見学会は、通常「事前授業」を当日行い、その後自由見学の形をとっています。ご要望があれば、見学の際に解説もしております。

仙台市博物館の場合、小学生・中学生・高校生は申請書を提出して無料、学生・一般の方はそれぞれの団体料金でご参加いただけます。

2017年度

第12回
「世界遺産ラスコー展」(東北歴史博物館) 5月21日(日)
  • 引率:多々良 穣・富谷 匡子
  • 対象:榴生(高校生)、小・中学生、保護者・一般
  • 参加者:20名(榴生16名、保護者・一般4名)

2016年度

第11回
「黄金のファラオと大ピラミッド展」(仙台市博物館) 5月28日(土)
  • 引率:多々良 穣
  • 対象:榴生(高校生)、小・中学生、保護者・一般
  • 参加者:33名(榴生21名、中学生1名、保護者・一般11名)

2015年度

第10回
「キリスト教の源流と東方伝播」(東北学院大学博物館) 8月1日(土)
  • 引率:多々良 穣、照井 貴史
  • 対象:榴生(高校生)、小・中学生、保護者・一般
  • 参加者:30名(保護者・一般10、高校生19、小・中学生1)

2013年度

第9回
「慶長遣欧使節展」(仙台市博物館) 11月2日(土)
  • 引率:多々良 穣、照井 貴史
  • 対象:榴生(高校生)、小・中学生、保護者・一般
  • 参加者:27名(保護者・一般11、高校生14、小・中学生2)

2012年度

第8回
「インカ帝国展」(仙台市博物館) 7月21日(土)
  • 引率:多々良 穣、照井 貴史
  • 対象:榴生(高校生)、小・中学生、保護者・一般
  • 参加者:80名(保護者・一般33、高校生41、小・中学生6)

2011年度

第7回
「世界遺産古代ローマ文明の奇跡 ポンペイ展」(仙台市博物館)
  • 引率:田中 芳明(地歴科教諭)
    引率:多々良 穣(地歴科教諭)
  • 対象:榴生(高校生)・保護者・一般

※40名以上参加予定でしたが、大震災のため実施できませんでした。

2010年度

第6回
「インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン展」(仙台市博物館)
  • 引率:多々良 穣(地歴科教諭)
  • 榴生(高校生)・保護者・一般

2009年度

第4回
「古代カルタゴとローマ展」(仙台市博物館)
  • 引率:多々良 穣(地歴科教諭)
  • 対象:榴生(高校生)
第5回
「トリノ・エジプト展 −イタリアが愛した美の遺産−」(宮城県美術館)
  • 引率:多々良 穣(地歴科教諭)
    引率:松山 彩子(理科教諭)
  • 対象:榴生(高校生)・保護者・一般

2008年度

第3回
「ナスカ地上絵の謎展」(自然史博物館)
  • 引率:多々良 穣(地歴科教諭)
  • 対象:榴生(高校生)

※特別企画として、ナスカ研究の第一人者でこの展覧会の監修者でもあった坂井正人先生(現山形大学教授)に個別に案内していただきました。河北新報にも記事として紹介されました。

2007年度

第2回
「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」(仙台市博物館)
  • 引率:多々良 穣(地歴科教諭)
  • 対象:榴生(高校生)

2006年度

第1回
「大アンコールワット展」(仙台市博物館)
  • 引率:多々良 穣(地歴科教諭)
  • 対象:榴生(高校生)