東北学院榴ケ岡高等学校

国際交流

海外研修

本校では、教育目標の一つである“国際感覚を身に付けさせ、世界の中の日本人としての自覚を持たせる”活動の一環として、1981年以来、継続して海外研修を実施しています。この研修は希望制で、毎年冬休み後に、1年生を対象に参加希望者を募ります。参加者は、2年次4月から出発まで複数回に及ぶ事前研修を受講し、海外研修に対する心構えや英会話を学びます。そして、夏休みを利用して現地へ赴きます。生の英語に触れる絶好の機会となっています。

今年度は、ニュージーランドの北島ハミルトン近郊の現地校に通い、午前中は英会話を学び、午後はバディ生徒と共に授業に参加します。地域の小学校を訪問して日本文化を紹介したり、先住民族であるマオリの伝統工芸を学んだりします。また、ホームステイを通して現地の家庭生活も体験してもらいます。最終日には、現地学生と一緒にオークランド市内を散策する自主研修も組み込まれており、大変魅力あるプログラムとなっています。

海外研修では、ホストファミリーとの交流を通して、相互理解と友好親善を深めることが期待できます。さらに、英語研修のみならず、同世代間の交流活動を通して、自己の見識と視野を広めることにも役立のが、この海外研修の魅力です。自己の新たな出発点となる海外研修に、あなたも積極的に参加してみてください。

※画像は昨年度のものです