東北学院榴ケ岡高等学校

校歌、応援歌

校歌

東北学院校歌

Windows Media Player (WMA:4.9MB)

  1. 若人われらの理想の国は
    青葉の都よ ああ東北学院
    ※(おりかえし)
    世の光 わがほこり いざほめよや 友よ
    もろごえ あわせて われらの学院
  2. 大路ひとすじにたどり行けば
    ちえの泉わく ああ東北学院
  3. いくよ培いし大和
    心神の愛に咲く ああ東北学院
  4. 命をささげし真の人
    うたわるるいずこ ああ東北学院
  5. 教えのみ母よ汝がこころは
    地のきわみまでも ああ東北学院

校歌の由来について

現在歌われている「若人われらの理想の国は…」ではじまる校歌は、大正10年6月にE.H.ゾーグ氏と青木義夫氏の両人によって作られたものです。

神学部教授E.H.ゾーグ氏は、音楽科を兼任するほどに音楽堪能の士であったので、衆望に応えてゾーグ師のヘルパーであった中学部英語教師の青木義夫氏と協力して校歌作成にあたりました。

まず作詞(英文)作曲ともにゾーグ氏の作になる「フェアー・ガクイン」が先にできて、続いて訳詞が青木義夫氏によってできました。折返し5節からなる、現行の「若人われらの…」校歌はこうして完成しました。

応援歌

東北学院応援歌―天地に香る―

Windows Media Player (WMA:2.3MB)

  1. 天地に香る 青葉山(青葉山)
    白亜かがやく 殿堂にラララ
    ラララ雄たけび高し ひたぶるの
    命の歌を ひびかせん われら
    おお学院 学院(学院)東北学院(学院)
  2. 光つらぬく 広瀬川(広瀬川)
    清き犠牲と 献身にラララ
    ラララ心の色を ふかく染め
    わが旗じるし なびかせん われら
    おお学院 学院(学院)東北学院(学院)
  3. 湧きて雲散る 蒼空に(蒼空に)
    高鳴る鐘よ こだましてラララ
    ラララ永遠のほまれを  告ぐるとき
    勝利の泉 掬みほさん われら
    おお学院 学院(学院)東北学院(学院)

東北学院応援歌―広瀬の河原―

Windows Media Player (WMA:1.4MB)

  1. 広瀬の河原若人の血は燃え
    ふるいたたんかな 今ぞわがとき
    青雲の覇者東北学院
    ロー学院 ロー学院
    ローローロー学院 学院 学院
  2. 若き血潮で彩どりし旗を
    我ら諸手に 打ち立て上げん
    青雲の覇者東北学院
    ロー学院 ロー学院
    ローローロー学院 学院 学院

東北学院応援歌―青葉の覇者―

Windows Media Player (WMA:1.7MB)

  1. 青葉の森にそびえ立つ 我学院の白亜堂
    熱血ここにつどいよる はく愛の旗かかげつつ
    いまぞふるわん学院生 ラララ学院学院
    今ぞ今ぞこの時に
  2. 清き流れの広瀬川 岸辺に輝く十字架に
    若き血潮は燃え立ちて 雄叫び高くこだまする
    いまぞふるわん学院生 ラララ学院学院
    今ぞ今ぞこの時に
  3. 道奥の野になびかせつ 我学院の応援旗
    礼儀責任闘志染め いざや進まん勝利秘め
    いまぞふるわん学院生 ラララ学院学院
    今ぞ今ぞこの時に

凱歌

Windows Media Player (WMA:288KB)

  1. 聞けや、聞けや、地にひれ伏して聞け
    勝利の足取りを、わが友の足取りを
    瑠璃衣、北斗にはえて、
    あゝ、我が友は進みゆく。
  2. 立てや、立てや、TGの旗立てや
    勝利の凱歌わく、旗かげに凱歌わく、
    若人の、声高らかに
    今ぞ 我が歌はほとばしる。
  3. 守れ、守れ、美わしの白守れ
    栄光のその歴史、名にし負うその歴史
    夷風、さけよと吹けど
    されど、我が守りいや堅し。

時乾坤

Windows Media Player (WMA:207KB)

  1. 時乾坤のうつろいに
    青葉城下の春たけて
    花の実香るこしかたの
    二十の世紀見返れば
    一筋さえて行く道の
    生きるひびきぞたぎりゆく
  2. 黒潮たぎる絶島の
    桜花の国に生まれ来て
    三千年の花と咲く
    我が武士の道を問う
    胸の血潮の高鳴りに
    我がつとめこそ身にあまれ
  3. TG旗下に世紀あり
    ここに立ちたる躑躅軍
    勇気を述べん時は来ぬ
    栄ある勝ちを偲ぶ時
    闘魂舞する若武者の
    衝天の意気いや高し