東北学院榴ケ岡高等学校

本校のあゆみ

1886(明治19)年
押川方義とW.E.ホーイが仙台市木町通りに「仙台神学校」を創立。
1887(明治20)年
東二番丁南町通り角に移転。
1891(明治24)年
「東北学院」と改称。初代院長に押川方義、副院長にホーイ就任。
1895(明治28)年
普通科(後の中学部)の設置。
1901(明治34)年
押川方義、院長を辞任。D.B.シュネーダー第2代院長に就任。校章設定。
1905(明治38)年
東二番丁(現在の東北学院中・高校地)に普通科校舎竣工。
1908(明治41)年
創立記念日を5月15日と定める。
1915(大正4)年
普通科を中学部と改称。
1921(大正10)年
校歌制定。
1945(昭和20)年
仙台空襲、諸施設被害甚大。
1948(昭和23)年
学制改革により新制高等学校となる。校長に月浦利雄就任。同二部(夜間)設置(1983年廃止)。
1959(昭和34)年
高等学校榴ケ岡校舎を仙台市榴ケ岡に設置。校長は月浦利雄が兼任。
1972(昭和47)年4月
榴ケ岡校舎が独立して東北学院榴ケ岡高等学校となり、8月に現在地(当時泉市市名坂)に移転。
初代校長に五十嵐正躬就任。
1977(昭和52)年
小田忠夫院長が第2代校長を兼任。
1978(昭和53)年
第3代校長に清水浩三就任。
1980(昭和55)年
礼拝堂及び北校舎の増築が完成。
1986(昭和61)年
東北学院創立100周年。
1987(昭和62)年
第4代校長に半沢義巳就任。
1988(昭和63)年
礼拝堂の増築が完成。
1989(平成1)年
本校創立30周年。
1992(平成4)年
校舎の増築(普通教室・視聴覚教室・音楽室・大教室)及び柔剣道場が完成。
1995(平成7)年
男女共学に移行。
1996(平成8)年
第5代校長に脇田睦生就任。校舎の増築(家庭科実習棟-普通教室・美術室・調理室・被服室・屋上天体望遠鏡)完成。
推薦入学制を開始。
2002(平成14)年
第6代校長に杉本勇就任。
2004(平成16)年
校舎の増築(普通教室・進路指導室・保健室)完成。
2006(平成18)年
第7代校長に久能隆博就任。
2009(平成21)年
本校創立50周年
2012(平成24)年
第8代校長に湯本良次就任。